専業主婦でもローン即日で融資してくれる業者ってあるって本当?

お金を借りる方法としては、銀行や信用金庫などの金融機関が提供している各種ローンや、
消費者金融やクレジットカードのキャッシングサービスがありますが、いずれにしても利用するためには信用審査を受けて、
それに通る必要があります。これはお金を借りた以上は返済できることが大前提であるためで、どの金融機関や消費者金融、
クレジットカード会社でも返済能力に関する審査が行われ、その上で信用に足りる人物であると判断されて、はじめて融資が実行されます。

 

この審査で、特に厳しいのは、無担保による用途自由なお金を融資するもので、
金融機関ではフリーローンやカードローン、消費者金融やクレジットカードではキャッシングと呼ばれるものです。
いずれも即日審査でローン即日でも利用できる便利なサービスですが、収入がなければ利用することが困難なサービスでもあります。
特に一般の銀行のフリーローンやカードローンは加入が厳しく、現役で働いている男性でも職種や収入によっては加入できません。

 

一方で消費者金融は、比較的その審査基準が優しいですが、それでも、まったくの収入のない無職であったり、
収入が少なかったりすると利用ができません。もちろん専業主婦もそのひとつに入り、なかなかこれらの審査に通らないのが実情です。
しかし、専業主婦は、まったくの無収入の無職などとは異なり、場合によってはお金を借りることができます。専業主婦の場合には、
配偶者の収入で生計を立てているためです。つまり、融資では配偶者の収入をアテにして行われるというものです。

 

ただし貸金業法では規制が強化されたため、年収の3分の1以内の融資しか行えなくなっていますし、
専業主婦が借りる場合には配偶者の収入がこの対象になります。またこれらの融資方法は、配偶者貸付けと呼ばれており、
この場合は基本的に配偶者の同意と配偶者の収入証明が必要になります。このあとの手続きは通常のキャッシングを利用するのと同じであり、
場合によってはローン即日で融資も可能です。

 

ただし、近年は消費者金融を取り巻く状況が厳しくなっており、かつてのように自由にお金を借りられるという状況ではなくなっています。
つまり、専業主婦でも何らかの収入がないと契約できないようになっており、配偶者貸付けもレアケースのため、
多くの場合には門前払いになる可能性があります。また、この配偶者貸付けに対応している業者も大手消費者金融が中心で、
それだけ審査も厳しくなり通りにくくなります。

 

特に配偶者の同意も必要であるため、主婦がお金を借りる場合には、配偶者貸付けを利用するよりも、
本人がアルバイトやパートなりをして収入を得て、その収入をアテに借入れを行うのが一般的ですし、手続きもスムーズに行えます。
これは配偶者貸付けでも配偶者の収入面などの条件が悪ければ慎重に審査されるので審査に時間が掛かりますし、
場合によってはローン即日で融資を受けられないこともあるからです。

 

その一方で、ローン即日で融資とは行きませんが、専業主婦がお金を自由に借りられる方法としては、
銀行系のカードローンやクレジットカードのキャッシングという方法があります。通常のカードローンは利用できませんが、
主婦でも加入できると謳っているものの場合には、保証人に保証会社を入れるものというもので、
収入の少ない人でも利用できるサービスです。

 

これは一部の銀行で対応しているもので、本人に収入がなくても借りるサービスを提供しています。
ただし、上限金額は30万円から50万円となっており、大きなお金を借りることはできませんが、
必要な生活費や医療費を用意することは可能です。またクレジットカードでも家族カードを利用すればお金を借りることが可能です。

 

>>>専業主婦でもキャッシグできる「みずほ銀行カードローン」の詳細はこちら